花粉症に悩まされているあなた、毎日青汁を飲んで体の中から改善しましょう!

花粉症は今や日本人の4人に1人が発症している歴とした国民病です。

毎年花粉が舞う季節になると、目のかゆみやくしゃみで毎日憂鬱になる人は多いのではないでしょうか。

気持ちよく桜の季節を楽しみたいと思っている人も少なくないはずです。

花粉症対策ですぐに思いつくものは、マスクやメガネや薬です。

ですがどれも対処療法に過ぎず、病気の根本の体質の改善には至りません。

また薬には眠くなったり、頭がぼーっとするなどの副作用もあり、車の運転や受験で勉強が必要な方などにはお勧めできません。

そこで気軽に、かつ副作用もなく体の底から改善できるものがあったとすれば、ぜひ試してみたくなりますよね。

それが青汁なんです。

青汁の主原料であるケールは、アレルギー症状に効果があるといわれています。

ケールには「糖脂質」とポリフェノールの一種でもある「ラボノール配糖体」が含まれていて、これらの物質がアレルギー誘引物質を抑え、悪化や進行を抑制し、花粉症を和らげてくれるのです。

また、私たちの体には免疫機能が備わっていて、花粉の侵入によって生成される抗体はIGE抗体と言われています。

花粉とこのIGE抗体が何度も結びつくうちに、異物を排除しようと防御機能が働いてインターロイキン-4という物質が分泌されます。

アレルギー症状であるくしゃみや鼻水は、このインターロイキン-4が原因であるといわれています。

青汁に含まれているケールは、このアレルギー症状を緩和することが研究で証明されています。

市販で売られている青汁には様々な種類があり、主原料がケールではないものも多くありますから、主原料は注意してケールであるものを選んでみてください。

アレルギー症状を緩和してくれる食品には、納豆やヨーグルトといった発酵食品も効果的と言われています。

様々な発酵食品と合わせて青汁を摂取することで、より効果を高めてくれるでしょう。

また、効果が出るまでにある程度の期間が必要です。

青汁を飲んだからといってすぐに効果が発揮されないかもしれませんが、花粉の季節だけではなく、毎日摂取することで優しく体に働きかけ、アレルギーに強い体づくりに一役買ったくれるはずです。