女性だけではない貧血の恐怖を青汁で解消するには

人間は血液によって体中に必要な成分を行き渡らせています。

中学校の理科を覚えているでしょうか。

血液成分中の「血漿」で栄養素を含む物質や二酸化炭素を運搬し、「赤血球」で酸素を運搬します。

人間は血液で運搬された栄養分と酸素で細胞内呼吸を行ってエネルギーを取り出しているのです。

赤血球がどのようにして体中に酸素を運搬しているのかも中学校の理科で習いますが、ここまで覚えているかたは少ないかもしれません。

赤血球の中にあるヘモグロビンという物質には、酸素の多いところで酸素と結びつき、酸素の少ないところでは酸素を放出するという性質があります。

つまり酸素の多い肺胞の毛細血管で酸素と結びつき、酸素が少なくなっている体中の細胞中の毛細血管で酸素を放出するのです。

このようなヘモグロビンの性質はヘモグロビンに含まれている鉄分の働きです。

鉄が酸化してさびると赤茶色になるように、ヘモグロビンも酸素と結びつくと真っ赤になります。

ということで鉄分は人間の生命活動にかかせないものであり、その多くは血液中にあります。

この鉄分が不足するとどうなるのでしょうか。

鉄分が不足すると血液の酸素運搬能力が弱まってしまうのはもうお分かりでしょう。

具体的には血液による酸素の運搬機能が弱まると細胞内での呼吸の量が少なくなります。

いくら栄養分が豊富でも、その栄養を燃焼させるための酸素がなければエネルギーを生み出せなくなるのです。

したがって余分な栄養がたまっていき、エネルギーは生産されにくくなる。

これがいわゆる「貧血」、正しくは「鉄欠乏性貧血」と呼ばれる状態です。

「貧血」状態になったことのあるかたはお分かりだと思いますが、体を動かすことが辛くなります。

エネルギーが生産されにくくなっているため仕方ないことなのです。

青汁にはこのような鉄欠乏性貧血にも有用な成分を多く含まれています。

簡単に言うと鉄分が吸収しやすい形で含有されていることが多いのです。

サプリメントのように鉄分の過剰摂取を招いてしまうこともありません。

バランスの良い食事と青汁を組み合わせれば、さらに効果が見込めます。

オススメ記事:青汁が冷え性に悪いのは勘違い?!青汁が冷え性の改善に役立つ理由などを詳しく解説